新卒にチャンスなし?!新卒がアメリカで就職しにくい理由

表題の件を考えるために、まず日本とアメリカでは雇用構造が根本から異なっているという点から述べます。

日本企業が日本の新卒を採用する場合、業務未経験が前提での採用活動が今でも主流となっています。「新卒一括採用」という言葉があるように、業務経験の有無はひとまず置き、横一線に並べ、学生の人材としてのポテンシャル(潜在能力)を見極める採用手法です。

これに対してアメリカは、新卒であっても業務経験を重視します。採用も一括で行うことはなく、各企業の事情により通年で必要な時に採用活動を行います。ポテンシャルではなく即戦力となる能力を重視します。日本が学生間の相対評価で採用を決める傾向があるのに対して、アメリカは個人への絶対評価で採用を決める傾向があります。このように日米間の採用に対する考え方の大きな隔たりが、日本人の新卒がアメリカで就職しにくい理由となっています。

こういった事情の上で、アメリカの学生は採用を得るために、業務経験を日頃から積んでいます。具体的にはインターンシップを何回も行い、志望する業界を見極めた上で、業界に必要な人材になるべく勉強や資格を取得していたりしています。もちろん大学の講義や演習も怠ってはいません。

こういった学生に引けを取らないアピールをするためには、インターンシップやアルバイトで志望業界の業務体験を重ねること。そしてアメリカでのワーキングホリデーやインターンシップに参加することが挙げられます。もちろん英語・ビジネス英語も必須です。これらのハードルをクリアすることで就職の道が初めて開かれることになります。

日本より学歴社会?アメリカで重要視される最終学歴

日本も小さい頃からお受験があり、学校もレベルの高い学校へそして就職でもトップクラスの学校を卒業している人が採用に有利ではありますが、実は日本顔負けでアメリカの方が学歴社会と言えます。

しかも、日本のように学校名で響くのではなく、アメリカは就職の際も学校名だけではなくそこで何を専攻し、何を学んできたか、そしてなんの学位を取得したかなど成績だけではなくコミュニケーション力やボランティアなどの勉強以外のことも踏まえて評価され、即戦力になる人材とみなした人を採用するという厳しい世界です。

ですから、大学に入るのが難しくて卒業するのが簡単とされることは全くなく、入るのは比較的簡単だが卒業するのがとても大変と言えます。だからこそ、学生は必死で勉強したり、企業の即戦力になる自分になるための努力をします。

そもそも、なぜアメリカが学歴社会なのかの起源に迫りますが、もともとアメリカは王も貴族もいない市民だけの国です。だからこそ全員が社会の階級を上るゲームに参加するというわけです。つまり、競争による階級社会であり、その階級は初めから存在するものではなく勝ち取るものですが、その勝ち取る手段として能力の努力の結果得られるものが「学歴」です。

しかも、学歴によっても初任給が変わります。日本であれば出た大学は関係なく初任給に差はないです。そういった意味でもアメリカはアメリカンドリームと言われるように成功する人はかなりの成功を成し遂げられる実力社会であることがはっきりとわかります。