新卒者に必須アイテム、推薦状があるとないとでは全然違う

アメリカで就職や転職をするにあたって、日本とは違って推薦状がとっても重要な役割を持っていることをご存知でしょうか。

大学を卒業したばかりの新卒の方の場合には、通っていた大学の教授などに推薦状を書いてもらうことになります。

もちろん、その学校・そして教授が推薦する人物だという証明になるわけですから、誰かれ構わず推薦状を書いてもらえるわけではありません。

成績が良ければ問題なく推薦状がもらえるかと思いますが、もし成績が悪いと学生の場合には、推薦状を書いてもらうことはできなかったりもするのです。

この推薦状ですが、就職したい企業の採用担当者から提出を求められるということも多いですから、当然のように用意しておかないと後々になって困ってしまうことも考えられます。

推薦状を持っていないだけで、すでに選考から外れてしまうことになるのです。

これは、アメリカはとても広くて、さらには人口も多いためにきちんとその人を信用できるかどうかということを、他の人に判断してもらわなくてはならない、という意味合いも持っているのです。

推薦状は新卒での就職時だけではなく、転職時にも必要となることもあります。この場合には、以前働いていた仕事先の上司の方などに書いてもらうのが良いでしょう。ですから、退職するのであれば円満に済まさないと、次の転職時に困ってしまうことになるのです。バックれてしまったりすれば、推薦状をもらうことは不可能だからです。