面接のために企業を訪問した際に気をつけたいこと

アメリカでの就職や転職の際、無事に書類審査を通過しましたら今度は直接企業に赴いて面接を受けることになります。

この面接の際には、とにかく自分を積極的にアピールすることが何よりも大切だと考えている方が多いでしょう。

もちろんアメリカの企業の場合には、日本人のような謙虚さや控え目な態度のは、逆にやる気がないように見えてしまうこともあるのですが、だからといって、とにかく他の人を蹴落としてでも自分をアピールするのはやりすぎですから注意してください。

あくまでも自然な態度で、そしていくらアメリカだといっても礼儀を欠くようなことは決してしてはいけません。

たとえば、採用担当者と話す時は非常に礼儀が正しいけれども、その他の社員の方や受け付けの方などと話す時には横柄な態度をとっていたりすれば、後々そういった態度が採用担当者の方にも伝わることになります。

ですから、採用担当者や面接官ではないとしても、その他の態度も見られていることをきちんと考えた上で企業を訪問するようにしてください。

日本でのビジネスマナーを身につけている方であれば特に問題ないと思いますが、たとえば新卒でアメリカでの就職を考えていて今まで仕事をしたことがない方、ビジネスマナーを尊重するような仕事をしたことがない方も、日本と同様のビジネスマナーをきちんと身につけた上でアメリカでの面接を受ける必要があると言えます。