レジュメを送ったあとにも企業にアピールをする戦略も

普通、日本の会社でしたら企業に対して履歴書を送って、そのまま連絡を待つことが一般的です。ただし、アメリカにて就職活動をする場合には、実はいろいろなアピールをしている方も結構多かったりするのです。

アメリカでの就職活動も、まず最初は履歴書を送るところから始めます。アメリカではレジュメと呼ばれていて、日本の履歴書のように決まったフォーマットはなく、自分の好きなように個性をアピールすることが出来ます。

とにかく、まずはレジュメで自分のできること、得意なことなどをアピールしておき、送ったあとそのままにしておくのではなく、自分から企業に電話をしてアピールをする方もいるほどなのです。

それほどアメリカではいかにして自分を売り込むのか、積極性が重要視されていると言えます。

しかし、もちろん毎日しつこく電話をかけたりといったような非常識な行動や、相手の企業に迷惑をかけてしまうような行動はマイナスですから気をつけましょう。

こういった積極性は面接のときにも同様であり、謙虚さや控えめな態度が評価されたりする日本とは異なっていて、面接のときにはいかにして自己アピールができるかが大切になるのです。

ただ、こうした自己アピールの場でも、きちんとビジネスに関することだという自覚を持って、丁寧な言葉づかいを心がけることは忘れてはなりません。

また、アピールをし過ぎてしまって、実際の自分のスキルとはかけ離れたことを言ってしまうのも後々困ることになってしまうので気をつけましょう。