就職・転職には応募ポイントを抑えてレジュメを作成

日本でもアメリカでも、就職や転職の際に面接を受けるのであれば、履歴書を用意する必要があります。この履歴書は、アメリカではレジュメと呼ばれます。

このレジュメの作成方法によって、その人の印象は変わってきますから、ポイントを抑えて作るようにしましょう。

日本で一般的に使用される履歴書の場合ですと、基本的にはすでにフォーマットが決まっていますが、アメリカで使用するレジュメですと特に決まったフォーマットがありませんので、自分自身でそれぞれ自由に自己アピールをすることができるのです。

そのため、一人ひとりとっても個性的なレジュメを作っていて、採用担当者の目を引くように頑張ってアピールをしています。
アメリカでは、すぐに即戦力として活躍できる人材が求められていますから、自分がどのようなスキルを持っているのか、そして大学や大学院などではどのようなことを勉強してきたのか、そして得意なことなどをしっかりとアピールしていくことが大切です。

日本人を採用したいと思っている会社であっても、日本スタイルでの履歴書でしたらアピール不足ということも考えられますから、アメリカでのレジュメの例などをチェックしておきましょう。

まずこのレジュメで書類審査に通過すれば、晴れて面接に進むことになります。この場合、日系の会社であれば日本国内にて面接になることもありますが、現地採用などでしたらもちろんご自身で渡航して面接を受けることになりますので、渡航費用などについてもきちんと準備しておく必要があります。