面接が終わった後のサンキューレターの工夫を

日本では、就職や転職の際の面接を受けた後は、企業側から連絡が来るまで特に求職者から何らかのアクションを起こすことはあまりないでしょう。

とにかく、面接の結果がどうだったのかを、企業側からの連絡を待っているだけで、その面接をしてくれたことに対しての感謝などの気持ちをあらわす習慣はありません。

ただ、アメリカの場合には、面接の機会を得たことに対しての感謝をあらわすための、サンキューレターという習慣があります。

これは、特に面接をした上でのこれからの採用に関しての選考に直接関わることではないのですが、アメリカ人の場合にはより自分をアピールしたいという気持ちも含めてサンキューレターを送る習慣があるのです。

これは、アメリカでの就職活動をする際に頭に入れておいていただきたい習慣であり、このサンキューレターはパソコンで直接Eメールで送っても良いですし、手書きのレターを送っても大丈夫です。

サンキューレターをもらうと、面接をした採用担当相は顔と名前が思い出されますから、選考の際に何となく気になる存在になるという可能性も考えられます。

直接的に、採用の合否に関わることではないとしても、もしその企業に本当に就職したい強い気持ちがあるのであれば、面接の後にはサンキューレターを送っておいた方が良いのではないでしょうか。

サンキューレターの中に、面接で言いそびれてしまったようなこと、さらにアピールをしたいことなどをちょっと付け加えても問題ありません。