アメリカで就職したい人が増えているが、簡単ではない

jpamerican
日本国内では、就職難状態が続いていますから、新卒でもなかなか思ったような企業への就職ができなかったり、一度退職してしまったら今度は転職活動に苦しんでいる方もとても多くなっています。

そうした中で、それならば日本だけではなく海外の企業に就職や転職をした方が良いということで、海外進出を希望している方も増えてきているのです。

ただし、アメリカにて就職や転職をするとなれば、事前に準備しておかなくてはならないことも多いですし、すべて英語を使っての生活になるわけですから日常会話だけではないビジネスレベルの高い英語力、そしてあえて日本人を採用したいと思わせるような専門的な知識やスキル、今までどのような仕事をしてきたのかという経験なども求められます。

とりあえず日本の仕事を辞めたり、就職活動を辞めてアメリカに行ってからどうにかなるだろう…ということでは、そう簡単に成功には至らないことを頭に入れておかなくてはなりません。

ただ英語が喋れるだけではなく、その他の知識やスキルもとても大切になってくるのです。

また、アメリカで仕事をするのであれば、就労ビザなど必要に応じたビザの取得が要りますから、仕事先も決まっていない状態でしたら結局ビザがもらえずにそのまま日本にとんぼ返りしなくてはならなくなってしまった…ということも考えられます。

こうした状態でアメリカに出かけるのはとてもリスクが高いことですから、きちんと準備が必要なのです。

アメリカ就職Navi | 日本人がアメリカで働くには
こちらのサイトはアメリカ就職のあれこれを詳細に書かれたサイトです。初めての方にも参考になるので是非閲覧しておいてください。

面接が終わった後のサンキューレターの工夫を

日本では、就職や転職の際の面接を受けた後は、企業側から連絡が来るまで特に求職者から何らかのアクションを起こすことはあまりないでしょう。

とにかく、面接の結果がどうだったのかを、企業側からの連絡を待っているだけで、その面接をしてくれたことに対しての感謝などの気持ちをあらわす習慣はありません。

ただ、アメリカの場合には、面接の機会を得たことに対しての感謝をあらわすための、サンキューレターという習慣があります。

これは、特に面接をした上でのこれからの採用に関しての選考に直接関わることではないのですが、アメリカ人の場合にはより自分をアピールしたいという気持ちも含めてサンキューレターを送る習慣があるのです。

これは、アメリカでの就職活動をする際に頭に入れておいていただきたい習慣であり、このサンキューレターはパソコンで直接Eメールで送っても良いですし、手書きのレターを送っても大丈夫です。

サンキューレターをもらうと、面接をした採用担当相は顔と名前が思い出されますから、選考の際に何となく気になる存在になるという可能性も考えられます。

直接的に、採用の合否に関わることではないとしても、もしその企業に本当に就職したい強い気持ちがあるのであれば、面接の後にはサンキューレターを送っておいた方が良いのではないでしょうか。

サンキューレターの中に、面接で言いそびれてしまったようなこと、さらにアピールをしたいことなどをちょっと付け加えても問題ありません。

面接のために企業を訪問した際に気をつけたいこと

アメリカでの就職や転職の際、無事に書類審査を通過しましたら今度は直接企業に赴いて面接を受けることになります。

この面接の際には、とにかく自分を積極的にアピールすることが何よりも大切だと考えている方が多いでしょう。

もちろんアメリカの企業の場合には、日本人のような謙虚さや控え目な態度のは、逆にやる気がないように見えてしまうこともあるのですが、だからといって、とにかく他の人を蹴落としてでも自分をアピールするのはやりすぎですから注意してください。

あくまでも自然な態度で、そしていくらアメリカだといっても礼儀を欠くようなことは決してしてはいけません。

たとえば、採用担当者と話す時は非常に礼儀が正しいけれども、その他の社員の方や受け付けの方などと話す時には横柄な態度をとっていたりすれば、後々そういった態度が採用担当者の方にも伝わることになります。

ですから、採用担当者や面接官ではないとしても、その他の態度も見られていることをきちんと考えた上で企業を訪問するようにしてください。

日本でのビジネスマナーを身につけている方であれば特に問題ないと思いますが、たとえば新卒でアメリカでの就職を考えていて今まで仕事をしたことがない方、ビジネスマナーを尊重するような仕事をしたことがない方も、日本と同様のビジネスマナーをきちんと身につけた上でアメリカでの面接を受ける必要があると言えます。

「これだけは駄目!」面接の際に気をつけておきたいこと

アメリカでは積極性が大事だということで、就職や転職での面接の際に、張り切っていろいろな話をしようと考えている方も多いかと思います。しかし、いくら頑張って自分のことをアピールしたとしても、これだけはダメ!というNGもありますので気をつけておいてください。

それは、自分をアピールしようとして他の人や他の企業などを比較した上でいかに自分が優位に立っているか、すなわち相手をけなしてしまうことです。

また、転職の場合ですと、以前働いていた企業や上司、同僚などの不満をつい口にしてしまうこともあるかもしれません。

こうしたいわゆるライバルをけなすことは、いくら自分が優れている人物だというアピールをしていても、マイナスポイントになってしまうので注意が必要なのです。

特に転職をする場合ですと、以前の職場はどうだったのか、お給料はいくらぐらいもらっていたのか、などといろいろと聞き出そうとしてくることもあるかもしれません。

しかし、全てにおいて正直に答えてしまうことで、実はそれがマイナスになってしまっていることも決して珍しくはないのです。

企業がどのような情報を、どの程度公開しているのかということは、各企業によってそれぞれ異なりますから、その公開内容などをきちんと把握しておいた方が安心です。

また、企業によっては、面接者がきちんと秘密を守れる信頼できる人物かどうかということを確かめるために、あえて以前の会社について突っ込んだ質問をして聞き出そうとするようなことをテストしているケースもあるのです。

面接への臨み方、アメリカでは恥ずかしがらずに積極的に

日本人は自分の意見をしっかりと表現するのが苦手だったり、すぐに恥ずかしがってしまうような傾向にあるといえます。同じ日本人同士であれば、そういった感覚は分かり合えるのですが、アメリカで就職や転職を考えているのであれば、そういった態度や性格などを変えていく必要があるでしょう。

特に、話をするときに相手の目をみているかどうかということもアメリカではとても大切なこととして考えられます。

たとえば、面接のときに面接官の目を見てしっかりと話しをしたり、相手の話しを聞けているかどうかは非常に重要なことです。

緊張したり、恥ずかしがったりして相手の目を見ない場合には、アメリカ人からしたら信用出来ない人だという印象を持たれてしまうことさえあります。これでは、面接の上で大きなマイナスです。

もしも、どうしても相手の目を見るのが苦手で…という場合には、正面からではなく、目の少し下あたりを見るようにしても良いでしょう。ただし、完全に下を向いていてはダメです。

また、面接において、しっかりと自分の考え・意見を話してその企業に対して自分を売り込んでいく熱意を持って臨むことも大切です。
日本ならば、いくら褒められるような部分があったとしても、謙遜する気持ちで積極的にアピールをしない方も多いかと思うのですが、アメリカではそれではただ単純に何もアピールポイントが無い人として捉えられてしまって、もったいないのです。

レジュメはメールでチェックされる事も想定してレイアウトを

日本では履歴書は手書きで作成するのが常識だと考えられています。

パソコンなので作成した方が、見た目もキレイでスッキリと読みやすいと最近では考えている方も多いのですが、やはり基本は手書きであることが求められていますから、それを守って作成している方がほとんどでしょう。

しかし、アメリカでの就職や転職において必要になる履歴書、いわゆるレジュメは手書きで作成する方は皆無に近く、ほとんどがパソコンで作成したものです。

パソコンで作成したものをプリントアウトして提出する形もあるかもしれませんが、そのほとんどがレジュメを直接企業に対し、Eメールで送ります。

非常に効率的で、こういった方法になれると手書きの履歴書を書くのが嫌になることもあるでしょう。

ここで注意して欲しいのが、Eメールで送信したレジュメのは、アメリカの企業の採用担当者が直接そのままコンピューター上で読むことも多いということです。

プリントアウトした紙面で読むのとは違い、とにかくメールを開いていちばん最初にぱっと目につくところが特に目に付きます。

レジュメのいちばん最初の部分で興味を引かれるかどうかによって、その後の内容をきちんと読んでもらえるかどうかも決まっていくのです。

そのため、レジュメを作る時には、まずは最初の1ページ、そしていちばん最初の書き出しなどを特に力を入れてアピールしていったほうがいいでしょう。

レジュメは長く書きすぎないようにする事も採用のポイント

アメリカで用いられている履歴書、いわゆるレジュメには日本の履歴書とは違って定型のフォーマットが決まっているわけではありません。

白紙の状態からスタートして、自分で構成や内容を考えいかに自分自身をアピールできるのかを書き連ねていきます。

すでに項目は決まっていて、中身を埋めていく日本の履歴書とは違いますから、人によってそれぞれ情報量も違いますし、一つ書ききるまでにもかなりの時間や労力を費やすことになるでしょう。

いかに自分をアピールできるかがかかっているので、とにかく細かくあれこれ書き連ねていったら、気が付いたら膨大な量になっていたということも珍しくありません。しかし、ただあまりにも長すぎるような文章量のレジュメは逆にマイナスポイントになることもあるのです。

たくさんの情報量を詰め込みたいとは言っても、できるだけ1ページ以内にしっかりとまとめたレジュメにする、のがアメリカでよく言われていることです。

たった1ページではなかなか自分の得意なことやスキル、経験などをしっかりとアピールしきれないと思うかもしれませんが、採用担当者はたくさんの求職者のレジュメを見ているので、いわゆるプロの目線から内容を読み取ります。

たくさんの求職者のレジュメをみなくてはいけませんから、とりあえず最初の1ページに目を通してそこで興味を引くかどうかがカギを握っているのです。

いくら2ページ目が良くても1ページ目がダメならそこで終わってしまいますから、大切なことは1ページにまとめておくと目につきやすいのです。

レジュメを送ったあとにも企業にアピールをする戦略も

普通、日本の会社でしたら企業に対して履歴書を送って、そのまま連絡を待つことが一般的です。ただし、アメリカにて就職活動をする場合には、実はいろいろなアピールをしている方も結構多かったりするのです。

アメリカでの就職活動も、まず最初は履歴書を送るところから始めます。アメリカではレジュメと呼ばれていて、日本の履歴書のように決まったフォーマットはなく、自分の好きなように個性をアピールすることが出来ます。

とにかく、まずはレジュメで自分のできること、得意なことなどをアピールしておき、送ったあとそのままにしておくのではなく、自分から企業に電話をしてアピールをする方もいるほどなのです。

それほどアメリカではいかにして自分を売り込むのか、積極性が重要視されていると言えます。

しかし、もちろん毎日しつこく電話をかけたりといったような非常識な行動や、相手の企業に迷惑をかけてしまうような行動はマイナスですから気をつけましょう。

こういった積極性は面接のときにも同様であり、謙虚さや控えめな態度が評価されたりする日本とは異なっていて、面接のときにはいかにして自己アピールができるかが大切になるのです。

ただ、こうした自己アピールの場でも、きちんとビジネスに関することだという自覚を持って、丁寧な言葉づかいを心がけることは忘れてはなりません。

また、アピールをし過ぎてしまって、実際の自分のスキルとはかけ離れたことを言ってしまうのも後々困ることになってしまうので気をつけましょう。

就職・転職には応募ポイントを抑えてレジュメを作成

日本でもアメリカでも、就職や転職の際に面接を受けるのであれば、履歴書を用意する必要があります。この履歴書は、アメリカではレジュメと呼ばれます。

このレジュメの作成方法によって、その人の印象は変わってきますから、ポイントを抑えて作るようにしましょう。

日本で一般的に使用される履歴書の場合ですと、基本的にはすでにフォーマットが決まっていますが、アメリカで使用するレジュメですと特に決まったフォーマットがありませんので、自分自身でそれぞれ自由に自己アピールをすることができるのです。

そのため、一人ひとりとっても個性的なレジュメを作っていて、採用担当者の目を引くように頑張ってアピールをしています。
アメリカでは、すぐに即戦力として活躍できる人材が求められていますから、自分がどのようなスキルを持っているのか、そして大学や大学院などではどのようなことを勉強してきたのか、そして得意なことなどをしっかりとアピールしていくことが大切です。

日本人を採用したいと思っている会社であっても、日本スタイルでの履歴書でしたらアピール不足ということも考えられますから、アメリカでのレジュメの例などをチェックしておきましょう。

まずこのレジュメで書類審査に通過すれば、晴れて面接に進むことになります。この場合、日系の会社であれば日本国内にて面接になることもありますが、現地採用などでしたらもちろんご自身で渡航して面接を受けることになりますので、渡航費用などについてもきちんと準備しておく必要があります。

新卒者に必須アイテム、推薦状があるとないとでは全然違う

アメリカで就職や転職をするにあたって、日本とは違って推薦状がとっても重要な役割を持っていることをご存知でしょうか。

大学を卒業したばかりの新卒の方の場合には、通っていた大学の教授などに推薦状を書いてもらうことになります。

もちろん、その学校・そして教授が推薦する人物だという証明になるわけですから、誰かれ構わず推薦状を書いてもらえるわけではありません。

成績が良ければ問題なく推薦状がもらえるかと思いますが、もし成績が悪いと学生の場合には、推薦状を書いてもらうことはできなかったりもするのです。

この推薦状ですが、就職したい企業の採用担当者から提出を求められるということも多いですから、当然のように用意しておかないと後々になって困ってしまうことも考えられます。

推薦状を持っていないだけで、すでに選考から外れてしまうことになるのです。

これは、アメリカはとても広くて、さらには人口も多いためにきちんとその人を信用できるかどうかということを、他の人に判断してもらわなくてはならない、という意味合いも持っているのです。

推薦状は新卒での就職時だけではなく、転職時にも必要となることもあります。この場合には、以前働いていた仕事先の上司の方などに書いてもらうのが良いでしょう。ですから、退職するのであれば円満に済まさないと、次の転職時に困ってしまうことになるのです。バックれてしまったりすれば、推薦状をもらうことは不可能だからです。